はなうたダイアリー

2019 / 10 / 30  08:44

うつ病と脳について。

B2D469AD-C51E-44D6-9D6D-6D46F757C870.jpeg

うつ病は、頑張りたいというより、頑張らなければいけないと感じることに長期的にさらされ続けることで、自律神経の乱れが生じて気持ちや体に変化が生じることで、以下のようなことが起きることから発症するといわれています。

 

気分が滅入り悲しい

何をするにも意欲がわかない

考えがまとまらない

体がだるい

よく眠れない

食欲がわかない

頭痛やめまいがする

 

などです。

 

これらの症状が強くなることで発症するのですが、うつ病は誰でもなりうる病気といわれています。

 

うつ病は、ある日突然、いきなり発症するのではなく、よく振り返ってみると健康なときから少しずつ物事の感じ方や環境、生活にストレスサインが現れていることがほとんど、といわれています。

 

しかし、そのサインに自分でもまわりも気づかずに放置され、気がついたときにはうつ病と診断されて医師の治療が必要な状態になっていることが多いといわれています。

 

健康なときのストレスサインのところで気がつくことができたら、うつ病を発症することを予防できると思います。

 

今回は、うつ病患者さんの脳の画像を調べた実験結果のお話をしたいと思います。

 

東北大学名誉教授の松澤大樹教授が、うつ病患者さんの脳の画像を調べたところ、なんとアルツハイマー型認知症の患者さんと同じような脳の萎縮が認められたそうです。

 

側脳室という場所の有意な拡大と、海馬と扁桃体に明らかな萎縮が認められたとのこと。

 

海馬は記憶、扁桃体は好き嫌いや感情にはたらく部位といわれています。

 

さらに、ストレスを取り除いたら、傷ついた海馬や扁桃体が修復されたというケースもあったようです。

 

積み重なったストレスが、脳を少しずつ溶かしていたなんて、驚きです。

 

自分やまわりの方をうつ病から守るために、健康なときからうつ病について正しく理解し、ストレスケアの方法を知っておくのがオススメです^^

 

アロマセラピーは、心地よい香りやタッチで脳や自律神経にはたらきかけ、免疫力も高めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 / 10 / 29  21:17

葉っぱの形は何に見える? 〜特徴類似説〜

E40C6B8C-3D5C-4AE9-8C75-A5C3F4190170.jpeg

秋冬の風邪予防に、とくに大活躍してくれる精油のひとつに葉っぱから生まれた精油があります。

 

植物を、水の入った大きな窯のような機械に入れて熱と圧力を加えて精油を抽出する方法を、水蒸気蒸留法といいます。

 

葉から抽出される精油も、水蒸気蒸留法から生まれています。

 

葉の森林を思わせるような清涼感のある緑の香りが大好きです。

 

また、葉の形をよーく見ると、、、

 

剣のようなシャープさと、盾のような丸みを感じられませんか?

 

剣→細菌やウイルス、真菌をやっつける

盾→免疫力を高めてからだを守る

 

というふうに考えることで、葉からとれる精油の仲間に共通したはたらきを想像することができます。

 

このように、植物の見た目や生息地などの特徴と人間のからだへのはたらきが一致するという考え方を、特徴類似説といい、古くからパラケルススを始めとした学者が唱えている考え方です。

 

こんなふうに考えると植物や精油ひとつひとつの個性を知るのがもっと楽しくなりますね^^

2019 / 10 / 28  17:26

アロマセラピーと組み合わせたいこと。

E8BB952F-41DD-413E-8896-2A75D0761D7F.jpeg

本日は新月です。このタイミングで物事を始めるといいそうですよ^^

 

今回はアロマセラピーで、心やからだのバランスをとり、健康を取り戻していきたいと考えるときに、生活に取り入れる養生として、わかりやすい考え方をご紹介したいと思います。

 

西洋医学も東洋医学の考え方もどちらも必要だと思っていますし、科学的な考え方も、見えないエネルギーとして健康をとらえる考え方もどちらも取り入れたいと思っています。

 

(看護師になる過程で学んだのは解剖生理学や生物学、生化学、薬理学、栄養学など、いわゆる西洋医学と分類されてきた内容がメインです)

 

精油は分子レベルの物質的なはたらきだけでなく、目に見えないもっと大きなエネルギーとしてのはたらきがあることは、多くのセラピストが考えていることです。

 

だからこそ、アロマセラピーには癒しを超えた、もっと深いところに秘めた可能性があるわけです。

 

さて、アロマセラピーが好きな方や、その力を目の当たりにした方は、日頃のセルフケアとしてアロマセラピーを生活に取り入れたいと思っていらっしゃいます。

 

この場合に、一つの提案があります。

 

それは、精油の使用に加えて、以下のセラピーを1種類以上組み合わせることです。順にあげていきます。

 

(これは、ガブリエル・モージェイ著の「スピリットとアロマテラピー」から参照した内容です。)

 

・精神療法、カウンセリング

・瞑想

・ヨガ

・リラクゼーション法

・スピリチュアル・ヒーリング

・太極拳

・食養生

など。瞑想は難しく考えずに、一人でも目を閉じてリラックスすることで、できます。

 

とくに大切にしたいものは食事です。東洋医学でも薬膳として、食事が健康を左右すると考えられているのは有名ですね。食事はぜひ、大切にしてほしいセラピーですね。

 

ぜひ、あなただけの心地よいセラピーの組み合わせを見つけてみてくださいね^^

 

次回は、アロマセラピーの力を最大限に発揮できるケアについてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 / 10 / 27  07:20

新しいパンフレットができました!

D1C477DF-4DAC-4FD0-A0DE-53A200A7167F.jpeg

おはようございます^^

 

静岡の今朝はくもりで、ひんやりとした空気に包まれています。

 

今回は、新しいパンフレットを作成したのでご紹介いたします。

 

まだイベントで配布しただけで、作り立てホヤホヤなんです。

 

2017年に自宅で「アロマナーシングサロン はなうた」として開業以来、看護師やダイエットサポーターのお仕事をしながら、ちいさな自宅の部屋で講座やアロマトリートメントを行なってまいりました。

 

自宅では女性のお客様だけに施術させていただいておりましたが、これからは男性のお客様も含めて、より多くのお客様にアロマトリートメントに親しんでいただきたいと思い、

 

このたび、来年1月より、近くのアーユス店舗にてアロマトリートメントをさせていただくご縁をいただきました。

 

地域の皆様の日々の健康のお手伝いができましたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

講座は、2017年から自宅で開催しております。今後も、講座は自宅または、ご相談の上で出張にて開催していきます。

 

これからも、アロマセラピーで、多くの皆様に生活に新しくも懐かしい空気を取り入れてていただい、毎日を健やかに過ごすお手伝いができますよう、心をこめて作成いたしました。

 

楽しみにしていただけたら嬉しいです。

 

※お問い合わせ、ご予約はこちらのホームページのお問い合わせフォーム、もしくはFacebook、Instagram、LINE @、Twitterからメッセージで受け付けております。

 

もし、1日経過してもお返事がこない場合は、恐れ入りますが再度ご連絡いただけたら幸いです。

 

 

 

2019 / 10 / 26  12:50

秋のこころは。

A61FFAFA-9C61-4FA2-8F92-FF91C0D51EA4.jpeg

こんにちは^^

 

昨日とはうって変わり、陽射しがまぶしいあたたかい日になりましたね。

 

からだが、この気候に順応するのはかなり、大変な時期かもしれません。

 

秋という季節は、東洋医学でいうと陰が集まる時期と考えられています。

 

季節も含めて、この世のすべての生き物や自然は、陰と陽のバランスで保たれているととらえられているのは、聞いたことがあるお話かもしれませんね。

 

人間も同じで、ここに不調和が生まれるとさまざまな不調の原因になることがあるといわれています。

 

秋のこころに不調和が生まれると、

 

・憂鬱な気持ちになる

・物事を後悔するようになる

・悲観的になる

・傷つきやすくデリケートになる

・物事の感じ方が鈍感になる

・今まで好きだった物や人と、距離を置くようになる

 

といったことが起きやすくなります。

 

もちろん、これらは誰しも感じたことがある感情で、必要なものです。

 

しかし、このような感情がふくらみすぎて、がんじがらめになりそうなときは、

 

ときには生活習慣を見直しながら、ちょっとだけ自然の力をかりて、心を整えていくのもいいですよ^^

 

精油では、サイプレス、クラリセージ、ユーカリ、パイン、フランキンセンス、ジュニパーなどが五行に即した仲間といわれています。

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...