はなうたダイアリー

2019 / 10 / 28  17:26

アロマセラピーと組み合わせたいこと。

E8BB952F-41DD-413E-8896-2A75D0761D7F.jpeg

本日は新月です。このタイミングで物事を始めるといいそうですよ^^

 

今回はアロマセラピーで、心やからだのバランスをとり、健康を取り戻していきたいと考えるときに、生活に取り入れる養生として、わかりやすい考え方をご紹介したいと思います。

 

西洋医学も東洋医学の考え方もどちらも必要だと思っていますし、科学的な考え方も、見えないエネルギーとして健康をとらえる考え方もどちらも取り入れたいと思っています。

 

(看護師になる過程で学んだのは解剖生理学や生物学、生化学、薬理学、栄養学など、いわゆる西洋医学と分類されてきた内容がメインです)

 

精油は分子レベルの物質的なはたらきだけでなく、目に見えないもっと大きなエネルギーとしてのはたらきがあることは、多くのセラピストが考えていることです。

 

だからこそ、アロマセラピーには癒しを超えた、もっと深いところに秘めた可能性があるわけです。

 

さて、アロマセラピーが好きな方や、その力を目の当たりにした方は、日頃のセルフケアとしてアロマセラピーを生活に取り入れたいと思っていらっしゃいます。

 

この場合に、一つの提案があります。

 

それは、精油の使用に加えて、以下のセラピーを1種類以上組み合わせることです。順にあげていきます。

 

(これは、ガブリエル・モージェイ著の「スピリットとアロマテラピー」から参照した内容です。)

 

・精神療法、カウンセリング

・瞑想

・ヨガ

・リラクゼーション法

・スピリチュアル・ヒーリング

・太極拳

・食養生

など。瞑想は難しく考えずに、一人でも目を閉じてリラックスすることで、できます。

 

とくに大切にしたいものは食事です。東洋医学でも薬膳として、食事が健康を左右すると考えられているのは有名ですね。食事はぜひ、大切にしてほしいセラピーですね。

 

ぜひ、あなただけの心地よいセラピーの組み合わせを見つけてみてくださいね^^

 

次回は、アロマセラピーの力を最大限に発揮できるケアについてお伝えします。