はなうたダイアリー

2019 / 10 / 21  07:59

絵の先生の形象派展に行ってきました。

642DD122-797E-4A80-909D-24562DE1620C.jpeg

先日、静岡県立美術館の県民ギャラリーで開催された、北川歳夫先生の形象派展に行ってきました。

 

北川先生は、娘が年少さんの頃から10年以上もお世話になっている美術の先生です。娘は絵がうまくなる目的というより、自分だけではなかなか気づきにくい感性を広げるために通っていました。

838F2F95-0B3D-4AC8-966E-C719F445D972.jpeg

 

 

とても穏やかで自由な優しい先生なので、先生のいる空間で過ごすために通っているという感じです^^細〜く長〜く続けています。

 

 

先生の絵は、どれも落ち着いて美しい色彩の絵で、女性や宇宙や地球、自然へのメッセージが込められているものが多いです。

 

この日は、静岡県立美術館の副館長さんが、先生の月光に照らされた街の作品をご覧になり、「この色はすごいです!よく出せましたね!」と先生を大絶賛していらっしゃいました。

 

実は、わたしも3歳頃に絵の教室に通っていて23年前の中学生の頃は美術部で部長をしていました。

 

絵が大好きだったのですが、高校進学とともにやめてしまい、娘に絵を習わせたものの、以降、20年以上は絵とも疎遠になっていました。

 

最近、自分の人生を振り返ってみて、残りの人生を実りあるものにするために、時間をかけて取り組んでみたいことや、もう一度、昔好きだったことを掘り起こして見ることにしました。

 

そこで、先生の元で絵にもう一度取り組むことにしてみました。アロマセラピーのお仕事も、感性が大切というところは重なっていると感じます。一緒に絵を楽しむ仲間もできたら嬉しいです♪

 

ブログでもご紹介しています(^^)

↓↓遊びに来てくださいね

https://ameblo.jp/bls1981/entry-12537854042.html