はなうた徒然草

2017 / 12 / 25  23:13

テレビ静岡「チョっと!いいタイム」の撮影!来春1月15日OA☆

きよしこの夜☆

今日は来年1月15日  11:19-11:25OAの、

チョっと!いいタイム

http://www.sut-tv.com/show/iitime/

 

の、撮影でした(・∀・)

オートベル様一人一芸プロジェクトはこちらです。

https://autobell.co.jp/hitori_ichigei/

 

生徒の朝比奈さんが、アロマの修行について熱心にお話ししてくれて嬉しかったです(o^^o)

アナウンサーの室伏さんも、美しくて優しくて、本当にステキでした(*´∀`*)

わたしはほんのちょっぴり、出させていただきます。ドキドキ。

 

アロマの生徒さんでもある耳ツボセラピストの優ちゃんが来てくれて、耳ツボセラピーをしてくれて、最後に耳に大粒シルバーのスワロフスキーを貼ってくれました☆

キラキラ煌めいて、見違えるわたし。

あと、はなうたロゴに合わせたしめ縄をプレゼントしていただきました(*^ω^*)

とってもすてきなデザイン♡

サロンの雰囲気にもピッタリ。紺色の縄がテーマカラーになっています。

こちら、優ちゃんのブログ☆

https://ameblo.jp/0kkun128

 

ワクワクドキドキ♡の一日でした^ ^

 

アメブロのスクール編作りました。

ぜひ、読んでみてください♡

https://ameblo.jp/hanautakango

 

 

2017 / 12 / 24  00:51

「腸を整えるアロマ講座」を開催しました☆

昨日は、清水区小規模多機能にて「腸を整えるアロマ講座」を開きました。

胃腸や肝臓、膵臓などの消化器系のはたらきは、生命の要となるものです。

消化器系は食べ物を消化吸収することで栄養をとることはもちろんですが、東洋医学的に考えるとエネルギーを巡らせたり、血を作ったり、水分の代謝にも関わる重要な系統です。

とくに腸は栄養吸収の重要な臓器ですが、小腸にはパイエル板というたくさんのリンパ節が存在し、様々な異物からからだを守る、免疫に関わるはたらきもしています。

一方で便が溜まりがちになると、便中の発がん物質が大腸粘膜に接する時間が長くなり、大腸がんのリスクも高まります。

元気に腸が動き、栄養の吸収が行われ、腸の組織に新鮮な血液や酸素がしっかり送られて、免疫のはたらきも良好な状態が理想です。

そのために、精油を使ったおなかのトリートメントは、日頃のケアとしてとても役に立ちます。

今回は、消化器のはたらきを助ける柑橘系の精油をいくつか選び、お越しくださった方々と一緒におなかのセルフトリートメントをしました。

さらに便がたまりやすく、大腸がんの好発部位の部位が存在する左下腹部を特に十分にトリートメントする方法をお伝えしました。

地域の方々のご感想

・あったかくなってきた!

・帰るときの上着いらなくなった

・汗が出てきた!

・気持ちがいい、いいにおい

・姿勢がよくなった気がする

・顔にぬりたい→塗って帰られました

とのこと。アロマセラピーでセルフケアができることを知って感動されていました。 おなかがあたたまると、からだ全体もポカポカするんです(*^▽^*)

ふだんから腸を元気に整えておくと、不調になりにくくなりますし、胃腸炎なども発症しにくくなります。

☆オーダーメイド講座いたします☆

くわしくはメニューをご覧くださいませ(o^^o)

 

 

 

 

2017 / 12 / 23  08:32

昨日は冬至でしたね^ ^

おはようございます(*^▽^*)

昨日は冬至でしたね^ ^

みなさんは、かぼちゃの煮物やゆず湯に入って、あたたかい夜をお過ごしされたでしょうか。

わがやはみんな、ゆず湯に入りました。

わたしは、今朝はいりましたが^ ^

柚子のような柑橘系は、太陽に例えて、心をポカポカあたためる精神的作用があるんですよ。リモネンという成分にも、その働きがあります。

黄色は東洋医学では、脾をあらわし、消化器系に関係するので、柚子も消化器の不調を緩和する働きがあります。

さらに、皮のデコボコは、毛穴みたく見えませんか?

皮脂の分泌調整のはたらきもあるんですよ♡

和精油として、柚子の精油もあり、ふだんも柚子湯が楽しめます。

ぜひ、お試し下さいね(o^^o)

 

2017 / 12 / 22  08:03

福利厚生の導入に、はなうたのアロマセラピーはいかがですか^ ^

こんにちは^ ^

アロマナーシングサロン はなうたは、企業様、施設様、病院様の福利厚生を応援しています。

今ではあらゆるサイトに、女性社員の定着率を高め、離職率を減らすだけでなく、魅力的な福利厚生により新入社員の獲得にもつながる福利厚生事例が紹介されていますね(o^^o)

人材不足はこれから避けて通れない上に、社員様のメンタルヘルスケアも大切になっていきます。

アロマセラピーはオシャレなイメージだけなく、メンタルヘルスケアや予防医学にも大変役に立ちます。

今ではその有用性が医学、薬学、看護、介護などさまざまな分野で認められてきているのです。

「我が社では、社員のストレスケアや健康のために、アロマセラピーを導入しています!」(しかも、アロマセラピストは看護師と保育士の資格保持者でトップインストラクター!笑)

なんて、とってもあたたかくてステキな会社様だなと思いますよ。

わたしは看護師をしながらの個人事業主なので、柔軟に対応することができます。

どうぞ、お気軽にご相談ください^ ^

2017 / 12 / 21  00:33

日本はメンタル関連障害の患者さんが外国より多い?

自殺の悲しいニュースが辛いですね。
日本人はどうでしょうか。
日本人は、自分の国のことをメンタル関連の疾患が多い、と考える方が多いですが、実際どうでしょうか。
じつは、国際比較するとアメリカやフランスやベルギーなどより日本はメンタルヘルス関連障害が、かなり少ないんですよ。
「いやいや、そんなはずないでしょ。メンヘラって言葉だって流行ってるし、心療内科もたくさんある。それにみんなストレスを抱えている」
ほとんどの方がそう思っているはずですが、統計ではほかの国に比べて有病率は低いんです。
では、なぜ日本人は自分の国ではメンタル関連障害が多いと思っているのでしょうか。
理由はいくつかあります。
日本の閉塞感や、近年急にメンタル関連障害が増えてきたことや認知度が高まってきたこと、受診率の上昇などいろいろありますが、
いちばんは、
自殺者の急増です。
日本は、メンタルヘルス関連障害の患者さんはそれほど多くないのに、自殺者が多いのです。
一方、諸外国ではメンタルヘルス関連障害の患者さんは多いけれど自殺者の割合は日本ほど高くありません。
これはなにを意味するでしょうか。
日本はメンタルヘルス関連障害の患者さんを充分ケアする体制が整っておらず、自殺を予防できていないと考えられます。
フランスやベルギーでは、うつ病の治療にアロマセラピーが行われます。
気分障害(うつ病)には、たとえばオレンジ・ビターが使われます。
アロマセラピーを、ストレスケアに重要視しているメンタルヘルスケアの専門家はどれくらいいるのでしょうか。
アロマセラピーには、驚くべきはたらきがたくさんあります。
またお話しますね。
LINE @はじめました。@aromadekango
お問い合わせもお気軽にどうぞ。
 
☆アメブロ@hanautakango

☆フェイスブックです☆
 
☆日本アロマコーディネーター協会の公式ホームページ
 
1 2 3 4 5 6 7